ハイドロキノン

ハイドロキノンはシミ対策の最強成分です

 ハイドロキノンは世界的に有名な美白成分で欧米では数十年前から使用されており、日本でも医師がシミの治療薬−主に肝斑の治療薬として使われていたものが、2002年から市販の化粧品にも使用が許可されています。ハイドロキノンは自然界に存在する成分で、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶、細菌類などに含まれます。

 

ハイドロキノンがすごいところは、できたシミの漂泊効果があるところです。

 

シミの元メラニンの発生を抑えることができる美白成分は他にもありますが、できてしまったメラニンを消すことができる最強の成分はハイドロキノンなのです。

 

しかも、メラニンを抑える力も、シミの2大成分とも言われるビタミンC、化粧品に良く使われるアルブチンコウジ酸などと比べても、10倍から100倍と言われているのです。

 

ハイドロキノンの副作用

 ハイドロキノンは、光、熱や空気に弱く、酸化しやすい成分で、安定させるには高い技術が必要です。
信頼できる化粧品を選ぶようにしないと副作用の心配もあります。日本では毎日使う化粧品に安全とされるのは2%までです。

 

<ハイドロキノンの副作用>
白班・・・肌の一部が真っ白になってしまう
炎症・・・ヒリヒリしてあかくなったりかぶれる
アレルギー症状

 

一般の化粧品に多く使われているアルブチンは、天然のハイドロキノンを安定させるように人工的に作られたもので、壊れにくいというメリットはありますが、シミけしの効果への即効性や確実性は、天然ハイドロキノンに比べてかなり劣るのが欠点です。

 

 

信頼できる化粧品とは

 

シミに効果があり、美白が期待できるけど不安定なハイドロキノンを安定した成分にさせる高い技術のある会社から生まれた化粧品を紹介します。
 もう、シミにはレーザー治療しかないのか−と、あきらめている人にはハイドロキノンはとても心強い成分ですが、効果が高い分注意が必要です。
もともとが医療機関のみの使用が許可されていたことからわかるように、副作用の心配があります。
ただ、副作用といってもカネボウのロドデノールの騒動のようなものではなく、数十年前に黒人の方の白斑が数例報告されているだけで、その後検証や治療数が増え、40年の歴史ですでに注意点が明確になっているので、日本では医師の処方箋か、厚生労働省の推奨する1日の使用量2%を守るようにすれば、まず問題はないとされています。

 

が、2002年に一般の化粧品への配合が許可されて以来、5%、10%といった高濃度のハイドロキノン入りの美容液や化粧品が多く出回っています。これは高いリスクを伴うので、使用する際には慎重さが必要です。

 

 

結果が即効で実感できたのは、ビーグレンの美白ケアでした。
トライアルを使っているときからシミが減少!
少量のハイドロキノンが処方箋のような効果を発揮して、くすみや肝斑を改善してくれました。

 

シミ除去:最短で効率的にシミ除去をする方法はこれでした!